回遊式の和風庭園(南あわじ市倭文)⇒

2006年6月22日

06m3a.jpg
新規の庭園工事です。
ちょうど工事中だった鎧塀がとても立派で(瓦も本葺きです)、それに負けないようにと頑張りました。
以前ウチで働いてくれてた職人さんの知り合いのお家ということで、この辺にこの庭木、といったおおまかな配置はその方がやってくれてます。
この庭の見所のひとつが地元の加工してない自然の形の飛び石。やっぱり自然の形は素晴らしいです。こういう天場が平たい石はそもそもあんまり数がないので、今日日これだけ揃えようと思ってもなかなか揃わない(写真には写ってない築山の反対側にも敷いています)。石屋さんにかなり無理を言って用意しました。
袖垣と手洗い鉢、屋敷の角のイトヒバ(スイリョウヒバ)は曲のついたものを植えています。
山の中の一軒家でバックの竹薮、山々もいい借景です。
06m2a.jpg
奥の立ち石(これはかなり大きいです)とマキの差し枝。ちょうどいい具合に収まりました。
灯篭類は新品であんまり真っ白だと目立ち過ぎて落ち着きがないこともありますが、ここでは塀の白い壁の色とうまくマッチしてて美しいです。
06m1b.jpg
↑着手前の状態。
06m1a.jpg
こちらは工事後の様子。
上の着手前の写真と比べて下さい。
いい庭木が入ると屋敷がより豪勢に見えます。
南あわじ市倭文05-21
 これは工事から1年半後の様子。
南あわじ市倭文05-22
 松竹梅です。
 竹は根が広がらないように囲いの中に植えつけています。
南あわじ市倭文05-23
 自慢の黒松。枝を分けて遠目からでも松だと判るいかにも松らしい姿に仕立てるのがウチの手入れの特徴です。
 

外構(塀と門周り)のリフォーム(南あわじ市阿万)

2006年1月2日

05KIf1a.jpg
 以前の大谷石の塀が地震などで傷んできたのでタイル張りの塀にやり変えしました。
 ↓以前の様子です。
05KIf1b.jpg
 同時に門周りのポーチなども改修。門扉も新しいものに変更。ラカンマキの代わりにヤマボウシで洋風にリニューアルしています。以下の写真2つは工事の半年後に手入れをした直後のものです。
05KIf3a.jpg
 塀を少し道路側へ寄せたのに合わせてクロマツ、庭石を移動させました。
 中央はウチがこちらに手入れに入りだしてから仕立て直した松です。手前の庭石との組み合美しいです。
 右奥も玉石を入れたりして足元を直しています。
 和風の部分と洋風な部分とのつながりもうまくいったと思います。
05KIf2a.jpg
  

庭石と砂利と大刈り込みの庭(南あわじ市賀集)

2005年9月29日

05HG1a.jpg
 「(庭木を増やさずに)庭石中心のシンプルな庭をつくりたい」「草の管理が大変なのでなんとかしたい」ということでご注文をいただきました。
 「旅行先で見たこんな庭がいい」と施主様のパソコンでデジカメ写真を見せていただくと、美術館のような施設の広い庭に大きなツツジの刈り込みがありました。 
 そのイメージと、古くからの立派な屋敷ですのでそれに似合う風格のある庭を心がけました。
 ↓着手前の様子です。元からあったつたいの石を利用して新しくつたいをつくっています。
05HG1b.jpg
 ↓こちらは別角度から。
 マツとゴヨウマツは仕立て直し中です。
05HG2a.jpg
 ツツジ類(ヒラド、キリシマ、クルメ、サツキ)が咲く季節は庭の様子が一変します。

水琴窟の庭(南あわじ市賀集)

2005年9月18日

05HRDm1a.jpg
「水琴窟を据えたい」というのが施主様のまず第一の希望でした。水琴窟というと竹筒を耳に当てて音を聞く様子を時々テレビでやってたりします。10年ほど前に別の家の庭の工事で既製品(置くだけでOK)の水琴窟を設置したことがあったのですが、今回はネットなどで仕組みを調べて自作しました。夜の静かな時間帯になると縁側(写真の左手前)に座ってても音が聞こえます!音色もなかなかいい感じで施主様にも気に入っていただけたようです。
 ちょっと変わった灯篭とつくばいは施主様の友人の彫石家のところから持ってきました。水琴窟は灯篭の右のつくばいの前池の下に埋めて設置されています。
 飛び石とつたいは昔の家の基礎石と水琴窟を埋める穴を掘った時に出てきた石でつくりました。
 砂利石は大磯。竹垣はみす垣。メインの樹木にワビスケ。落ち着いた上品な感じになるように材料を選んでいます。
 施主様は骨董品の収集など文化的な活動をされている方で、いろんな話を伺いながら楽しく仕事をさせてもらいました。こちらには写真がないのですが友人の工務店が仕事をした屋敷のリフォームは見学者がしばらく絶えなかったそうです。私も嫁と一緒に見せていただきましたが、感動的にすごいです。
 ↓庭の着手前の様子です。
05HRDm1b.jpg

広い駐車スペースの洋風ガーデニングの庭

2005年9月15日

南あわじ市阿万05-02
南あわじ市阿万05-03
南あわじ市阿万05-01
 ↑上の3枚の写真は工事より約2年後の夏。
 ↓こちらは施工直後のもの。
05SYJ1a.jpg
 一番大きく見えてる木はこの庭のシンボルツリー、シマトネシコです。中心となる大きな木で庭も家もぐっと引き立ちます。
 ↓下は着手前の様子。
05SYJ1b.jpg


05SYJ2a.jpg
 こちらは家の玄関前。
 手前は色付きのコンクリートブロック。駐車しやすいように白いブロックを間に入れてラインにしています。奥は枕木。左の土の部分は離れの建設予定地。植栽(高木)は手前からオリーブ、ウイスキー樽プランター(本物)を置いて、エゴノキ、玄関の向こうはシラカシです。


05SYJ3a.jpg
 家の横側です。
 家の際にも植栽が入る計画だったのですが、ここにも車を通すということで工事途中で全体をレンガ敷きに変更。サザンカなどの中木の間に丈夫な低木・草花類を30種類以上植えています。
 「オシャレにしたい」けど「あんまり派手にはしたくない」。「なるべくたくさんの種類を植えたい」でも「育てて管理していけるかどうかが心配」……と施主様が気にされてましたのでその辺のバランスに気を付けてデザインしました。

お見積りやお問い合わせフォームはこちらお見積りやお問い合わせフォームはこちら
07995403870799540387

ページの先頭へ