数年ぶりでの民家の樹木の手入れ(南あわじ市八木)

2014年4月25日

140425 3y 1.jpg
数年間ほったらかしで放置していた庭です。
140425 3y 2.jpg
おもいっきりバッサリと。不要な木は根本から伐採して処分して欲しいとのことで、畑に被さってきた木も枝を払っていきます。
140425 3y 3.jpg
庭が見えるようになりました。
140425 3y 4.jpg
夕方には畑側から見てもすっきりした外観になりました。
(2014/04/25)

生け垣の手入れ(南あわじ市賀集)

2014年2月6日

140205 a o.jpg

生け垣の剪定と庭木の伐採です。
以前に頼んでた植木屋さんは、あんまり切り込んでくれなくてどんどん木が大きくなってしまう、ということでウチに仕事がまわってきました。

庭木は芽が吹いて形を仕立て直せるように枝を短くしています。
屋根に被ってる木は根本から伐採しました。

140205 a os.jpg
生垣の上部がまだ広がっていますが、一気に小さくしようとすると禿てしまうので今回はここまで。

140205 a i.jpg
内側から見るとこんな感じ。風通しが良くなりました。

140205 b o.jpg
作業前の様子。ややうっそうとしてます。

140205 b os.jpg
奥の方は生け垣の厚みが1mくらいあります。
今回は葉っぱの残るいっぱいいっぱいまで刈り込みしました。今年の春に脇芽が吹けばさらに奥まで刈り込みできるようになります。数年かけて生垣が外に出っ張っているのを直していきます。

140205 b i.jpg
こちらは内側。
外からは見えない部分はほぼ幹の際まで擦り切るように枝をはらいました。
こちら側も春に芽が吹いて葉っぱが出れば、次回は表側の葉っぱがもう少し少なくなるところまで刈り込んでも、目隠し風除けとしての役目を切れ目なく果たしてくれます。

(2014/02/06)

クロマツの剪定(南あわじ市阿万)

2013年12月15日

131215 matsu b.jpg

小さな植栽スペースに植わっている松などの手入れです。
ここの松はあまり脇芽が吹かなくて、普通に剪定すると枝が暴れるので、毎年思いっきり切り戻しています。

131215 matsu a.jpg
キンモクセイは松の下枝に影をつくってしまうのでかなり透かしを入れました。
奥のヒラドツツジは花芽を残して、太い立ち上がった枝を抜いています。手前のサツキツツジも基本的に同じ剪定法です。

(写真は夕方暗くなったのを明るさ補正したら色がおかしくなってしまいました…)

(2013/12/15)

カイヅカイブキの剪定(南あわじ市北阿万)

2013年12月4日

131204 b.jpg

お寺の古いカイヅカイブキです。
12尺(3.6m)の三脚に上がっても届かないので枝を登って手入れをします。

これ以上ヨコに広がらないように、小枝をめいっぱい切り戻していきます。

131204 a.jpg
刈り込み鋏だけでボンボリに仕上げるのとは違って、枝の間から木漏れ日が透けます。木の下も明るくなりました。

お正月に向けて大忙しの毎日が続いてます(^_^;)。

(2013/12/04)

大木の伐枝(南あわじ市賀集)

2013年9月9日

130829 bted1.jpg

アキニレです。
以前にもバッサリやったそうですが、また伸びて屋根に当たりそうになっています。

130829 bted2.jpg
はしごで登って少しづつ枝をおとしていきます。

130829 bted3.jpg
昔に剪定したところまで枝を払いました。

130829 bted4.jpg
決して格好のいい姿ではないのですが、いたしかたないところですね、、、。

(2013/08/29)

お見積りやお問い合わせフォームはこちらお見積りやお問い合わせフォームはこちら
07995403870799540387

ページの先頭へ