ゴールドクレストの伐採(洲本市五色町鮎原)

2016年3月7日

大きくなり過ぎたゴールドクレストの伐採です。

クリスマスシーズンになると、高さ30cmくらいのサイズの鉢植えを花屋さんやホームセンターでいっぱい見かけるゴールドクレスト。

しかし、地植えにして20年以上もほおっておくと、2階建ての民家の屋根よりも高く成長します。

この木で約10mほど、普通のお家の木としては大木といっていいサイズです。

大きくなりすぎたゴールドクレスト

それだけでも困ったものですが、この木は地上部の成長に対して根が細過ぎるので、台風の後などによく倒れてます。

このお家の木もロープで支えておかないと倒れそうな状態になっていました。…というかすでに傾いてます。

枝を払って
下の枝を払って、登っていきます。

クレーンと高所作業車を使いたいところですが、ご覧の通り家と家の間に植わっていて重機が入れない場所です。

ゴールドクレストの幹
ロープで引っ張りながら、慎重に少しづつ枝と幹を落としていきます。

伐採完了
無事、伐採できました。

根株
切り株。隣の木もついでに伐採しました。

別荘地での伐採(洲本市五色町鳥飼)

2014年6月14日

140522 a.jpg
別荘地を購入後、放置してあったらどんどん木が茂ってきて……ということで思い切って伐採することになりました。
140522 s.jpg
右側が施主様の土地です。隣の敷地にも木が被ってきています。
140612 a.jpg
作業直前、かなり茂ってますね。
140612 j.jpg
チェーンソーと刈払い機を使って切り倒していきます。密林を切り開いていくかのようです(^_^;)
140612 t.jpg
枝を処分場へ運びます。ダンプに山盛りです。
140613 b.jpg
道に枝がはみ出している大木(モチノキ)を切り倒します。
140613 t.jpg
このくらいの枝になると重いのでクレーンで吊ってトラックに乗せます。
140614h.jpg
最後に根を掘って株を除去します。道の際で、大きな重機で無理やり引きちぎるように掘るわけにもいかず、かなりの難作業でした…。
140614 t.jpg
根株だけで2tのトラックからはみ出してます。
140614 k.jpg
これでキレイな更地になりました。
細い木の根は残っているので、折を見て刈払いするか、草に関しては除草剤散布を行う予定です。
(2014/06/14)

芝生の庭の管理(洲本市五色町鳥飼)

2014年3月27日

140327 si kari.jpg
芝刈りです。
冬の間、芝がふわふわして気持ちいいから、というお客様の要望により、
初夏に刈り込みしてからはそのまま刈らずにおいてありました。
結構伸びてます。
140327 si jyo.jpg
雑草を抑える芝生用の除草剤を散布します。
140327 si koe.jpg
芝生用に粒の小さい肥を撒きます。
140327 so kari.jpg
ソテツも葉っぱが茂ってます。刺に気をつけながら剪定します。
140327 harb.jpg
壁際のハーブ類も大きくなり過ぎたものは切り戻ししたり、枝を整理します。
140327 fix.jpg
すっきりと明るくなりました。
青い芝が生えそろう季節はもうすぐです。
(2014/03/27)

コニファー(レイランディー)の剪定(洲本市千種)

2013年4月4日

手入れ002b レイランディー 洲本市千種.jpg

元気よく生育しているレイランディーです。

手入れ002a レイランディー .jpg
混みいった枝を抜いて、太くなった枝を切り戻します。

勢いのある枝も除いていきます。
木漏れ日が透けるように、樹形を維持することに気を配っています。

よく大バサミでバサバサと刈り込んでいるのを見ますが、そうしまうと、ボテっと緑色の塊のような姿になってしまいます。
こうなるともう自然な樹形ではないです。
また、いったんそうなってしまうと幹に近いところは陽が当たらなくなりなって、脇芽は全て枯れてしまい、木はモコモコと大きくなっていきます。毎年刈りこんでも刈りこんでも大きくなる一方になります。特に針葉樹は内から脇芽が吹きにくく、後から樹形を直すということが出来ません。

コニファー類の剪定はその植木屋がどんなスタイル、センスなのかが如実に表れる仕事です。

お見積りやお問い合わせフォームはこちらお見積りやお問い合わせフォームはこちら
07995403870799540387

ページの先頭へ