別荘地での伐採(洲本市五色町鳥飼)

2014年6月14日

140522 a.jpg
別荘地を購入後、放置してあったらどんどん木が茂ってきて……ということで思い切って伐採することになりました。
140522 s.jpg
右側が施主様の土地です。隣の敷地にも木が被ってきています。
140612 a.jpg
作業直前、かなり茂ってますね。
140612 j.jpg
チェーンソーと刈払い機を使って切り倒していきます。密林を切り開いていくかのようです(^_^;)
140612 t.jpg
枝を処分場へ運びます。ダンプに山盛りです。
140613 b.jpg
道に枝がはみ出している大木(モチノキ)を切り倒します。
140613 t.jpg
このくらいの枝になると重いのでクレーンで吊ってトラックに乗せます。
140614h.jpg
最後に根を掘って株を除去します。道の際で、大きな重機で無理やり引きちぎるように掘るわけにもいかず、かなりの難作業でした…。
140614 t.jpg
根株だけで2tのトラックからはみ出してます。
140614 k.jpg
これでキレイな更地になりました。
細い木の根は残っているので、折を見て刈払いするか、草に関しては除草剤散布を行う予定です。
(2014/06/14)

休耕田の整備(南あわじ市)

2013年5月6日

放置されてる農地

20年以上放置していて雑草が茂ってる土地をなんとかしたいという相談をうけました。

お父様が淡路島の出身で現在は京阪神にお住まい。連絡してくれた方は都会育ちなので、勝手に飛んできた種が発芽して野菜が成ってるような環境は、楽しみでもあるとのこと。
隣との境界部分はなんらかのマルチングをして一部を家庭菜園にしたいということでお話を伺っていたので、さまざまなマルチングの方法それぞれのコスト面などその場で提示して、持ち帰って検討していただくことになりました。

こういった土地でひとまず雑草の処分だけならパワーショベルの排土板で突いて邪魔にならないところに集めとくのが安く上がります。何年かそれを繰り返してそれが溜まってきたらダンプに積んで搬出。そうこうしている間に土地の利用法考える、という手もあります。

ニュースでも時々見ますが、淡路も空き家や休耕田が増えてきています。もう住んでない家の庭の片付けと一緒に家の中まで入って要らない品の処分を頼まれたり、造園の仕事だけでなく農業と、いまは果樹で観光農園までやっているせいか、多方面からいろんな話が来るんですよね。
都会の友達から、そのうち田舎へ移住したいという話を聞く一方、古民家や農地でも面白そうな所があるので、うまくマッチング出来ないかな~と思っています。

(2013/05/06)

お見積りやお問い合わせフォームはこちらお見積りやお問い合わせフォームはこちら
07995403870799540387

ページの先頭へ